FC琉球(エフシーりゅうきゅう、FC Ryukyu) は、日本の沖縄市を中心とする沖縄県全県をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブである。 2003年に創設。2013年にJリーグ準加盟クラブとして承認され、2014年にJリーグに入会した。運営法人は琉球フットボ
39キロバイト (3,832 語) - 2018年9月30日 (日) 19:55



(出典 4.bp.blogspot.com)



1 れいおφ ★ :2018/10/29(月) 10:26:59.06 ID:CAP_USER9.net

サッカーの明治安田J3の第29節、2位以下を引き離してトップを走るFC琉球は28日、
長野県長野市の長野UスタジアムでAC長野パルセイロと対戦し、1―1で引き分けた。
この試合でのJ2昇格確定はならなかったが、J3参入5年目の悲願の優勝、J2昇格に王手を懸けた。

ザスパクサツ群馬とのホーム戦(11月3日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム)で、
琉球が引き分け以上ならば、自力優勝と昇格が同時に確定する。

(中略)

GKの朴は自力で目標が遂げられる次戦について、
「良い条件になった。サポーターの前でしっかり勝って(J2昇格、J3優勝を)決めたい」と力を込めた。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-825733.html

ゴール裏に陣取った関東近郊のサポーターで作る「FC琉球関東隊」。
大挙した長野サポーターに負けじと、琉球カラーのベンガラ色のユニホームやタオルマフラーを着けて声援を送った。
那覇市出身で埼玉県在住の会社員は「徐々に強くなってきて本当にうれしい。J2昇格でサポーターの輪も広がればいい」。

この日のJ2昇格はお預けとなり、那覇市から駆け付けた公務員は
「関東隊の皆さんと喜びを分かち合いたかったが、ポジティブに捉えたら優勝も昇格も次のホーム戦で決まる。
最高の舞台ができた」と期待した。

那覇市牧志のフットボールカフェ「カンプノウ」には10人ほどが集い、テレビ画面にくぎ付けになってイレブンを鼓舞し続けた。
試合終了間際の同点ゴールに歓喜。「次のホーム戦でたくさんのサポーターの前で昇格と優勝を決めてほしい。
サポーターで監督を胴上げしたい」と話した。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/336467

FC琉球
http://fcryukyu.com/


(出典 pbs.twimg.com)