(出典 beautycosme4.club)



1 Egg ★ :2018/10/31(水) 00:35:47.95 ID:CAP_USER9.net

体操の世界選手権第6日は30日、ドーハで女子の団体総合決勝が行われ、2016年リオデジャネイロ五輪4位の日本は合計160.262点で6位に終わり、3位以内に与えられる20年東京五輪出場枠を獲得できなかった。米国が171.629点で4連覇を遂げた。

 予選6位の日本はリオ五輪代表の村上茉愛(日体大)と寺本明日香(ミキハウス)、初出場の畠田瞳(セントラル目黒)の3人が全4種目を演技。ゆかで村上は13.766点と予選よりも得点を下げ、跳馬では寺本が着地に失敗するなどメダル争いに加われなかった。

 2位ロシア、3位中国までが東京五輪出場枠を確保。来年10月の世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)では、今大会3位以上に入ったチームを除き、予選上位の9チームが団体総合の残りの五輪出場枠を獲得できる。 

10/31(水) 0:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000001-jij-spo




(出典 www.yomiuri.co.jp)